いりこ(煮干し)だしのとり方 お出汁の簡単な取り方をはじめ、お出汁の活用法や長く続けられる秘訣をまとめました。博多三徳(三徳商事株式会社)は子どもを大切に想う日本のお母さんを応援します。

メニュー メニュー

2016.08.02

いりこ(煮干し)だしのとり方(白口いりこ使用)

いりこ(煮干し)だしのとり方(白口いりこ使用)

白口の使った場合のだしのとり方ですが、
このだしのとり方はほんの一例。
前もって献立を決めていなくても
時間をかけずにだしがとれる方法です。

(1)鍋に水といりこ(煮干し)を入れる

水2カップに対して、5g(15匹前後)ぐらいを目安に、
お好みで量を調整してください。

白口いりこを使用する場合は頭やお腹は取らなくて大丈夫です。

(2)弱めの中火にかける

火の強さの目安は、10〜15分で沸騰するぐらい。
水の量によってかかる時間が全然違ってくるので、調整が必要です。

(3)沸騰したら、いりこ(煮干し)を取り出す

白口いりこの場合、グラグラ沸騰させても問題ありません。
青口いりこ(背黒)などを使う場合は沸騰前に取り出してください。

いりこ(煮干し)だしはこんな色。
お味噌汁や煮物などいろいろなお料理にどうぞ。

ページトップ
メニュー メニュー
会員登録

SHOPPING

PICKUP CONTENTS

特集

さかなのある食卓
【インタビュー】
おさかなのある食卓
おだしと暮らす
【取材】
おだしと暮らす

イベント・催事

topics