いまいちパンチのない昆布だし。昆布だしだからこそ美味しい使い方をご紹介。昭和34年創業、博多の老舗海産物屋 博多三徳

メニュー メニュー

2016.03.03

昆布だしってどんなだし?

昆布だしってどんなだし?

昆布だしは縁の下の力持ち!

「薄い」「出汁がでているのか、よく分からない」 など、
パンチが無いイメージの昆布だし。

昆布だしは「縁の下の力持ち」。
お肉やお魚などと一緒に使うと
旨みとコクの底上げをしてくれます。

また、鍋ものなど
いろいろな具材が入るようなお料理では
素材の味を邪魔せずに、味をまとめつつ
味に深みを出してくれます。

酢ともとても相性が良く、
すし酢や南蛮漬け、ピクルスなどを作る時に
昆布をひとかけら入れておくと
味がまろやかになり、旨みもアップ!
優しい味わいでとっても食べやすくなります。

鰹節や煮干しと一緒に使うと
相乗効果で旨みが何倍にもなり
味に深みと柔らかさが出ます。

合わせる素材や食材を楽しめるのも、昆布だしの素敵なところ。

お買い物ページ
ページトップ
メニュー メニュー
会員登録

SHOPPING

PICKUP CONTENTS

特集

さかなのある食卓
【インタビュー】
おさかなのある食卓
おだしと暮らす
【取材】
おだしと暮らす

topics